« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009-02-22:とらドラ!19・20話

■19話
 クリスマスパーティ
 大河は、ようやく自分の気持ちに気がつく
 みのりんも大河も、思う相手は一緒だけど親友のことを考えるとお互い身を引こうとする
  このままだと、共倒れになっておともだちーという関係で終わりそう

 一方の竜治は、鈍感王といわんばかりの反応の悪さ。あちこちでフラグを立てまくって、どっちつかず。ま、誰も傷つけたくないという気持ちが原因なんでしょうけど
 それが大けがの結果を生む。実際、20話でそういうことになったのも事実。亜美が一人傍観者となって周りに茶々を入れる。それでも状況は変わらないのであきれ果てている様子

 19話で竜治を振ったみのりんだけど、まだまだ未練が残っている様子。ただ、腹黒い部分が見え隠れし始めたのには笑ったw
 堀江さんが演じているせいか、なかなかいい味出してます>みのりん
 21話での予告で、大河の本音が出ていますね。みのりんの気持ちを知った上で踏み込むことができるのでしょうか。みのりんは絶対許してくれるはずですが、大河はまだまだ迷っている様子
 北村への思いはあこがれであったと同時に、後夜祭で手をさしのべ、大河の心の隙間をうまく埋めた。そこで北村が大河になびけば、丸く収まるのだが、実際は前生徒会長のすみれが好きであるために大河の思いは届かない。おそらく(18話で)大河にとっての北村は、頼れる仲間であり、友達であると。そして19話のときに、竜治の存在の大きさを改めて知る。
 大河は、基本ドジッ娘&強気な娘なので自分の思いを伝えられない、そしてすぐに反発する(ツン状態)
 惜しい性格であるけど、それが彼女の良さでもある

 この先、どうなるのかわからないけど(だいたい予想はつくけど)、毎回余談が許さないと思います
 そういえば、アニメも原作も3月で終わりだそうですね
 実際、原作読んでいないのでアニメでは描かれていない細かい描写はあると思いますが、アニメが終わるまでは原作を読まないでいようと思います。アニメ終了後に原作を読んでみます。その方がおもしろそうなので

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009-02-22:CLANNAD AS 18&19

■CLANNAD AFTER STORY 18・19回感想まとめ

この2回で、朋也の復活。父親との和解というか理解。そして汐との生活がスタート
 失った物、過ぎ去った日々は戻ってこないが、それを取り戻すことを決意する朋也

 18話での直幸の母、史乃からの話を聞き、朋也は直幸の偉大さを知る
 忘れていた物を取り戻し、父の境遇が自分と同じ状態からすべてを捨ててここまで歩んできたことを知る。そして父の親としての愛情の深さを思い起こし、涙する。ここの話を聞いたときには、親というのは偉大であり大切な存在であることを視聴者に訴えていく。原作もそうでしたが、このシーンで家族愛を思い起こし、涙した人はどれだけいたのだろうと思います
 渚を失った朋也は、直幸と同じ状態ですが、彼の場合は環境にものすごく恵まれています。古河夫妻・芳野さん・そして高校時代の友達・・・。直幸の時は、ここまでの環境はなかったと思います
 古河夫妻の用意周到な根回し。おそらく、汐と朋也のためを思って段取りをしたと思われますが、ここまでの段取りをするのに並大抵の努力ではなかったと思います
 17話で渚と一緒になったことに後悔した朋也ですが、実際は誰も後悔していない。逆に受け入れられ、応援されている。この気持ちが朋也には伝わっていなかった。ただ、18話・19話と進んでいくうちに周りの気持ちを受け入れて変わっていく

 19話での、直幸の一言「俺はやり終えたのか?」、これが彼の人生を物語っており、受け入れることにより一区切りをつけ新たな出発をする
 後悔が多い朋也であるが、後悔を悔やむよりも、それを償うように次へと歩んでいく。その気持ちはものすごく大事であり、見習うべきことだろうと思う

 AfterStory 17話までは微妙でしたが18・19話と来て、一気に熱いものがこみ上げてきました。AIR・Kanon同様にここまで泣くのか・・・と思わされました。18・19話、100点満点ではなく、もう少し頑張って欲しかったのですが、今の京アニにそこまで求めません。それでも渚の卒業式をもう少し何とかして欲しかった・・・

■この先(ネタバレあり)
 20・21話:19話で出てきた風子が遊びに来て汐を連れ去ろうとするところが見所でしょうか
 今回、お預けでした杏が登場し、汐と朋也の生活も充実していくと思われます、が・・・
 21話か22話で汐がいなくなり、23話or映像特典で、17話の最後で渚に声をかけなかった朋也のシーンが再現され、別ルートがスタートすると信じてます。
 原作では、ED:小さなてのひらで語られた部分がアニメになると信じています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »