« 07/10:TowerRecord渋谷インストアライブ(LiSAさん) | トップページ | 07/19:クドわふたーとりあえず終了 »

07/19:RewriteTE1.0(体験版)プレイしました

■RewriteTE1.0感想
・体験版ですが、ネタバレ要素含みます

◇PlayTime:About10hour

■はじめに
 VisualArt's Keyの次回作の体験版。クドわふたーに同胞。Keyの方針でDL用体験版は用意しないそうです
 新エンジン搭載もあってハード要求スペックかなりあがっています
 私のメインPC(Core2E7300、Geforce9400)ではおおむねスムーズに動いています。処理の重い部分ではコマ落ちします
 それなりに遊ぶにはグラフィックボードをしっかりしたものを用意すべきのようです

■全体
◇OP
 折戸さんの新曲。テンポもよく何度もリピートされていたり、OP動画はRMG作なのでお気に入り。OPにもネタバレ要素が多々含まれていそうでドキドキ。OP見る限り鍵を握るキャラは、小鳥と鳳。鳳は、最後の最後で敵として立ちふさがりそうな予感。小鳥はRewriteのサブタイトル「書き換えることが出来るだろうか。彼女の、その運命を。」の彼女と予測。OPと主人公:瑚太郎とヒロインの絡みを見ると小鳥がそう見えて仕方ない。私の予測ですので実際はどうなるかわかりませんが

◇体験版本編
 瑚太郎と小鳥は、通じ合いつつも独特な幼なじみの世界を築いている仲。はじめは吉野にちょっかいをだして学校生活を送っているが、あるきっかけでオカルト部へ入部。そこで知り合った朱音。転校生のちはや。クラスメイトのルチア。そして後輩の静流。最後に吉野。7人で構成されるオカルト部を中心に話が進んでいく様子
 共通部分の日常パートが間延びする作品が多い中、体験版を見る限り読者を飽きさせない。ブログの話(あおり→炎上)など今の主流となっている話題を取り込んでいます
 各キャラが個性的で非常におもしろい
・小鳥
 いろいろ考えていて瑚太郎の心配はするけど、そこまで。論点がたまにずれていたり、ギャグが寒かったり、人見知りするのは彼女の長所でもあり短所でもある。ただ瑚太郎とのつきあいは長いためかお互いの良き理解者でもあるようです
・ちはや
 せっかちな彼女。ものすごい力の持ち主だけど、方向音痴で機械音痴。という両極端の性質。ただ宿題をこなすなどまじめな面も持ち合わせている様子。非常にのりやすい性格でもありそう(この点は吉野の方が上ですが)
・朱音
 謎の多い上級生。あらゆる手段で学校から裏から支配してそう。知識も豊富で生きるための知恵も持ち合わせていますがある部分(瑚太郎)に関しては慣用というか投げやりに近い。7人の中でも保護者的役割に近い(リトバスの姉御に近い)
・ルチア
 潔癖症。勘違い大先生(ただし瑚太郎側に相当な問題あり)。辛さの感覚は麻痺してそう
・静流
 基本物静か。感情が表に出にくい娘。瑚太郎の後ろについて行こうとしたりかわいい面を持つ。知らないことも多いけど何事に対してもまじめに取り組んでいるようです

 実際は、5人のヒロインの他にも瑚太郎・吉野が登場しています。また体験版では登場していない人物もいたりと謎はまだまだこれからでしょう

◇感想
 話のテンポもよく、Soundも良い。体験版なのでこの部分でぽしゃっていると非常に危ない。今回はこの部分に関してはクリアしていると思います。OPと体験版は買うか買わないかの大きな指標になるのでどのメーカーも一番力を入れる部分。そう考えるとこの調子で製品版も出してほしいところです
・瑚太郎と吉野の絡み
 リトバス・クラナドの時のように、プレイヤーキャラ+親友(悪友)が登場しており、彼らの絡みは非常に楽しい。ガチで喧嘩しようとするなどクラナドの朋也と春原のような関係ではなく距離が近い二人。といったところでしょうか
 それにしても吉野が「やんよ!」といった時には思わず吹いてしまいました。AB!の件もあったので余計です
・食べ物
 Kanonの謎ジャム・クラナドのレインボーパンを始め個性的な食べ物が出てこないかなぁと期待しています。もちろんOPで静流がラーメン食べていたり、ルチアの激辛耐性などありますので何らかの形で食べ物(人が食べると大変なことになるという意味です)が出てくることに期待。個別ルートの中での食べ物は一つのキーになるのかなぁと予測
・全体的な話の流れと思い
 大まかな流れとして、日常パートを楽しく過ごし、だんだんと一致団結。何かをきっかけに個別ルート。そして全キャラクリア後、真ルートへ・・・
 麻枝さんがライターから外れているためどう展開されるのかが気になります。都乃河さんをはじめとしたライターの方々に期待です。麻枝さんをはじめとした方々が作られてきた今までの作品を越えられるかどうかが非常に気になります。個人的にはロミオさんのシナリオが気になります。CROSSCHANNEL・家族計画など数々の作品を手がけているという部分からです。また都乃河さんの手腕にも期待しています。そのためいい意味で裏切られた、という作品にしてほしい。あくまでも私の希望です
 運命の彼女と思われる(勝手に思っている)小鳥。いきなり森で寝ていたり、独特な行動・言動を持つ彼女。今の段階では何かあるようには見えない。話が進んで行くにつれ小鳥が何か避けられない運命(病気など)が訪れる。小鳥の個別ルート(1周目?)では回避できない。ある条件を満たすことで別ルートへ進む。リトバスでいうRefrainに近い形で展開されるのか、CLANNADのようにAfterとして展開するのかわかりません。また瑚太郎一人でその運命に立ち向かっていくのかサブキャラ立ちの手引きにより真Endingに突き進むのかは謎です

◇余談
 今のところおすすめは、静流と小鳥
 小鳥はあの独特な雰囲気が好き。瑚太郎とつきあうまではいかないけど腐れ縁みたいなところが好き(単純に幼なじみ属性ともいいますが)
 静流は小さいながらも規律を守ろうとして思い悩む。瑚太郎の手助けでそれに従っていくところがかわいい。ちなみに眼帯フェチではないので眼帯には萌えません(ォ

 ざっくり希望と感想が入り乱れていますが、体験版をプレイした後の感想はこんなところです。製品版はいつ発売かわかりませんが期待度大で待ちます

|

« 07/10:TowerRecord渋谷インストアライブ(LiSAさん) | トップページ | 07/19:クドわふたーとりあえず終了 »

Key」カテゴリの記事

コメント

乙です。

個人的には森の謎と瑚太郎の能力も気になるところです。
あとマッピーで隠れイベントはありそうですね。

同じくキャラは小鳥と静流ですね。
小鳥のフランクさと静流のかわいさが堪りません。

投稿: ユメ | 2010年7月19日 (月) 午後 08時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 07/10:TowerRecord渋谷インストアライブ(LiSAさん) | トップページ | 07/19:クドわふたーとりあえず終了 »