« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年7月

07/24:ラブプラスロケテスト版プレイ:修正

ラブプラスアーケード版
ロケテスト参加してきました
※MiKANは、凜子筐体でプレイ。彼女は愛花です

Date:2010年7月24日・25日
At:東京レジャーランド2(6F)

■概要箇条書き
・筐体は、三種類:寧々・愛花・凜子をデコレーションした筐体。この筐体は特定のカノジョ専用ではなく、どの筐体でも3人それぞれ選び話を進められるようです
・開発30%
・名前を記入し、呼んでもらえる(DS版と同様)
・プリント機能があり
・コイン投入時にプリント機能の有無を選択可能
 あり:300円。なし:200円
・プリントについては出力例あり(別途写真確認願います:予定)
 プリント枚数は1枚~2枚。選択したゲーム・勝敗によって変わるようです
・ロケテスト版のため、Webカメラで撮影されます
・ロケテスト終了後、簡単なアンケートがありました
・ゲーム(30ゲーム・だるまさんがころんだ・スイカ割り)
・イヤホン端子あり:ロケテストの時はイヤホンつけても音は流れていました

■ロケテスト版の流れ:
 OP:アケ版用かな
→プリントありなし選択し、コイン投入
→プレイヤの名前(2文字)を入力
→呼ばれ方を選択
→3人の中から彼女を選択
→ロケテストスタート
→学校帰りのシーン(DS版と同じです)
→デートの依頼を受ける
→次の日曜日、新とわの駅前で待ち合わせ
→遅れて愛花登場
→デート場所へ移動(噴水広場と思われる:選択したゲームによって場所が変わります)
→カノジョの家?に移動し、ゲーム開始
 ※ゲームに関しては途中で3種類から選択
→勝敗後、ゲームの対戦成績がランク表示されます
→終了(プリント中の表示)
 以上です

■感想
 話題作のラブプラスのアーケード版ですが、あえてラブプラスにこだわらなくても良かったかもしれません
 大画面の愛花に驚きました。さすがにアーケード版だけあって綺麗。DSとは比べものになりません(当然といえば当然でしょう)
 学校帰りや駅前でのシーンなどを見ますとDS版と同じ。BGMも愛花の声も同じに聞こえました。ロケテスト版ではDS版のリメイクというよりも移植に近い印象です
 ただ、アーケード版ならではの機能(ゲーム・プリントなど)もありますのでそこがどうなっていくかが今後の展開のポイントと思います
 プリントに関しては、カレンダーなどもあるので季節に応じてプリント内容も変わると思われます
 今回はDSとの連係機能はありませんでしたが、アンケートを見る限りは連携を考えている様子。個人的に単独よりもDSとの連携はほしい機能、そうしてはじめて食指が動くかもしれない
 プリント内容が書き下ろしであっても、ゲーム自体がDS版に近いのであればお金を払ってまであえて手を出す理由がない(今のところ)。もちろん今後の展開・機能追加によっては変わる可能性があります。コナミのことですからさらなる展開などを考えていると思いますが・・・とりあえず今後に期待

 ただ一つ大きな問題点があります。そのプレイしている姿はどう考えても羞恥プレイ。筐体を買って一人部屋でプレイならまだしもゲーセンでのプレイです。いろんな人がいる中でのプレイですから。。。そう考えるとちょっと怖いところです

 それでも、愛花が大画面で出てきて話しかけられたときには思わずドキドキしてしまいました。ラブプラスを始め、つきあい始めた頃の気持ちを思い出しました。あたし的にはある意味非常にやばかったです。しばらくニヤニヤしていましたので

| | コメント (0) | トラックバック (0)

07/19:クドわふたーとりあえず終了

■クドわふたー感想
・CGは100%いっていませんがAfterまでEnding済
 ネタバレ要素含んでいますのでネタバレがダメな方はスルー願います

◇PlayTime:About20hours over

◇構成
 リトルバスターズ!EXでクドルート終了後からの続き。本当はいろいろあるのですがまぁそこら辺は(略
 リキとクドがつきあい始め、ある理由から内緒の共同生活
 クドわふは、バカップルという馬場社長の言葉通りな二人
 あーちゃん先輩、佳奈多。新キャラとしての椎菜とその姉の有月。クドリャフカの旧知の知り合い氷室。そして宇宙飛行士として研究者としてそしてクドの母親としてのストルガツカヤ博士。と二人を中心とした世界に様々な人々が絡んできています
 話の流れは、クドわふ本編→After→ED→エピローグ
 ただ、Afterといっても本編の続きではなく、本編の中に少しずつEpisodeを追加。クドわふ本編終了後(有月親娘が和解しペットボトルロケットを打ち上げる)そのまま続いていくという展開。その後の展開は二人でラブラブかと思いきや、一変

◇感想
 クドわふは、クドを満喫するためには非常にすぐれた作品だと思います
 ファンディスクということで少し期待していたのですがあくまでもクドという観点から見るべきかと思います。シナリオ的には練り不足感が否めません。男子寮の雨漏りが原因で一緒に住むようになったという設定が少し強引。またAfter後半のストルガツカヤ博士に対する部分がちょっと息切れ感が否めない。もう少しがんばってほしかったところです
 個別ルートに入るとキャラが変わることが多いKey作品ですが、クドわふは一本ルートの中でもリキの性格が場面によって変わってしまったりとキャラが不安定

 至る所でわふー(和風)ネタや筋肉ネタが仕込まれていたりとリトバスからの継承部分もあるのですが、二番煎じに近くて笑いのネタとしての威力は弱い。それ以外にも小ネタがいろいろと含まれていますがちょっと残念

 Keyとしてのメッセージ性(家族愛・仲間と一緒に乗り越えていく)は健在ですが威力が弱い。もう少し心理描写を細かく書いていたらさらなる良い作品になったと思います。進路を出した理由ってなんでしょうか。エピローグのための複線だったのでしょうか。ちょっと違う気がします。少し先の未来よりも今をいかにみんなで切り開いていくというリトバスのコンセプトから少し離れている気がしました
 かなり辛口なコメントを書いていますが、クドわふが単品で出荷されていたらもう少し高い評価をつけたかもしれません。それだけリトルバスターズ!が私の中では優れた作品という証明だと思います。優れた作品のFDなら期待してしまいます。ましてやKeyですので・・・

 それでもところどころで見せるクドの表情はかわいく、CGも安定しています。特にクドのラブシーン(基本とばしています)は、いろんな意味でまずいだろうと思いました。それでもクドはかわいいです・・。リトバスの頃に比べて低年齢化が進んだ気がします(鈴田さんの声の影響からでしょうか)
 音楽については、いい曲も多い(サイトのテーマ曲は作業用BGMになっています)。ただ折戸さんや麻枝さんに比べると物足りない部分もあるのでこれからのさらなる飛躍に期待です
 ストルガツカヤ博士・あーちゃん先輩と非常に魅力的なキャラが登場したクドわふ。あーちゃん先輩に惚れかけました。さっぱりとした性格。見ているところは見るといったところはお姉さんキャラとして十分といったところ。
 それにしてもEDとエピローグの展開には驚きました
 EDの成長した椎菜のかわいさはすばらしかった。。。いやそれよりもクドとリキの間に子供がいる展開には驚きました
 ED~Epを見ているとはるのあしおとの智夏先生のEDを思い出してしまいました。。。

| | コメント (0)

07/19:RewriteTE1.0(体験版)プレイしました

■RewriteTE1.0感想
・体験版ですが、ネタバレ要素含みます

◇PlayTime:About10hour

■はじめに
 VisualArt's Keyの次回作の体験版。クドわふたーに同胞。Keyの方針でDL用体験版は用意しないそうです
 新エンジン搭載もあってハード要求スペックかなりあがっています
 私のメインPC(Core2E7300、Geforce9400)ではおおむねスムーズに動いています。処理の重い部分ではコマ落ちします
 それなりに遊ぶにはグラフィックボードをしっかりしたものを用意すべきのようです

■全体
◇OP
 折戸さんの新曲。テンポもよく何度もリピートされていたり、OP動画はRMG作なのでお気に入り。OPにもネタバレ要素が多々含まれていそうでドキドキ。OP見る限り鍵を握るキャラは、小鳥と鳳。鳳は、最後の最後で敵として立ちふさがりそうな予感。小鳥はRewriteのサブタイトル「書き換えることが出来るだろうか。彼女の、その運命を。」の彼女と予測。OPと主人公:瑚太郎とヒロインの絡みを見ると小鳥がそう見えて仕方ない。私の予測ですので実際はどうなるかわかりませんが

◇体験版本編
 瑚太郎と小鳥は、通じ合いつつも独特な幼なじみの世界を築いている仲。はじめは吉野にちょっかいをだして学校生活を送っているが、あるきっかけでオカルト部へ入部。そこで知り合った朱音。転校生のちはや。クラスメイトのルチア。そして後輩の静流。最後に吉野。7人で構成されるオカルト部を中心に話が進んでいく様子
 共通部分の日常パートが間延びする作品が多い中、体験版を見る限り読者を飽きさせない。ブログの話(あおり→炎上)など今の主流となっている話題を取り込んでいます
 各キャラが個性的で非常におもしろい
・小鳥
 いろいろ考えていて瑚太郎の心配はするけど、そこまで。論点がたまにずれていたり、ギャグが寒かったり、人見知りするのは彼女の長所でもあり短所でもある。ただ瑚太郎とのつきあいは長いためかお互いの良き理解者でもあるようです
・ちはや
 せっかちな彼女。ものすごい力の持ち主だけど、方向音痴で機械音痴。という両極端の性質。ただ宿題をこなすなどまじめな面も持ち合わせている様子。非常にのりやすい性格でもありそう(この点は吉野の方が上ですが)
・朱音
 謎の多い上級生。あらゆる手段で学校から裏から支配してそう。知識も豊富で生きるための知恵も持ち合わせていますがある部分(瑚太郎)に関しては慣用というか投げやりに近い。7人の中でも保護者的役割に近い(リトバスの姉御に近い)
・ルチア
 潔癖症。勘違い大先生(ただし瑚太郎側に相当な問題あり)。辛さの感覚は麻痺してそう
・静流
 基本物静か。感情が表に出にくい娘。瑚太郎の後ろについて行こうとしたりかわいい面を持つ。知らないことも多いけど何事に対してもまじめに取り組んでいるようです

 実際は、5人のヒロインの他にも瑚太郎・吉野が登場しています。また体験版では登場していない人物もいたりと謎はまだまだこれからでしょう

◇感想
 話のテンポもよく、Soundも良い。体験版なのでこの部分でぽしゃっていると非常に危ない。今回はこの部分に関してはクリアしていると思います。OPと体験版は買うか買わないかの大きな指標になるのでどのメーカーも一番力を入れる部分。そう考えるとこの調子で製品版も出してほしいところです
・瑚太郎と吉野の絡み
 リトバス・クラナドの時のように、プレイヤーキャラ+親友(悪友)が登場しており、彼らの絡みは非常に楽しい。ガチで喧嘩しようとするなどクラナドの朋也と春原のような関係ではなく距離が近い二人。といったところでしょうか
 それにしても吉野が「やんよ!」といった時には思わず吹いてしまいました。AB!の件もあったので余計です
・食べ物
 Kanonの謎ジャム・クラナドのレインボーパンを始め個性的な食べ物が出てこないかなぁと期待しています。もちろんOPで静流がラーメン食べていたり、ルチアの激辛耐性などありますので何らかの形で食べ物(人が食べると大変なことになるという意味です)が出てくることに期待。個別ルートの中での食べ物は一つのキーになるのかなぁと予測
・全体的な話の流れと思い
 大まかな流れとして、日常パートを楽しく過ごし、だんだんと一致団結。何かをきっかけに個別ルート。そして全キャラクリア後、真ルートへ・・・
 麻枝さんがライターから外れているためどう展開されるのかが気になります。都乃河さんをはじめとしたライターの方々に期待です。麻枝さんをはじめとした方々が作られてきた今までの作品を越えられるかどうかが非常に気になります。個人的にはロミオさんのシナリオが気になります。CROSSCHANNEL・家族計画など数々の作品を手がけているという部分からです。また都乃河さんの手腕にも期待しています。そのためいい意味で裏切られた、という作品にしてほしい。あくまでも私の希望です
 運命の彼女と思われる(勝手に思っている)小鳥。いきなり森で寝ていたり、独特な行動・言動を持つ彼女。今の段階では何かあるようには見えない。話が進んで行くにつれ小鳥が何か避けられない運命(病気など)が訪れる。小鳥の個別ルート(1周目?)では回避できない。ある条件を満たすことで別ルートへ進む。リトバスでいうRefrainに近い形で展開されるのか、CLANNADのようにAfterとして展開するのかわかりません。また瑚太郎一人でその運命に立ち向かっていくのかサブキャラ立ちの手引きにより真Endingに突き進むのかは謎です

◇余談
 今のところおすすめは、静流と小鳥
 小鳥はあの独特な雰囲気が好き。瑚太郎とつきあうまではいかないけど腐れ縁みたいなところが好き(単純に幼なじみ属性ともいいますが)
 静流は小さいながらも規律を守ろうとして思い悩む。瑚太郎の手助けでそれに従っていくところがかわいい。ちなみに眼帯フェチではないので眼帯には萌えません(ォ

 ざっくり希望と感想が入り乱れていますが、体験版をプレイした後の感想はこんなところです。製品版はいつ発売かわかりませんが期待度大で待ちます

| | コメント (1)

07/10:TowerRecord渋谷インストアライブ(LiSAさん)

LiSAさんのTowerRecordインストアライブ渋谷レポ

現地到着が12時過ぎ。到着時に入場開始していました
番号案内を見る限り当選は400人くらいのようでした
配布枚数は1000枚前後?のようです

たまたま、Kdyさんにお会いしちょこっと話をさせていただきましたが、だーまえがいたという噂をきいてめっさテンションがありました

そんな中の入場、遅かった影響もあってかいい場所はなく、後ろの方でLiSAさんを堪能していました
前の方はサイリウムを使ったりとテンションは高かったですが私がいた後ろの方はテンションが低くちょっと焦りましたがLiSAさんが「今日は最高の1日にしてください」という言葉でテンションをあげました

インストアライブは5曲でしたが、生LiSAさんを堪能できたのでよしとします
だーまえが会場いるのだろうか?と思いながら探したのですが見つけられませんでした><

インストアライブはもしかしたら今回で最後という話も出ていましたが次はツアーです
かなり倍率が高く、涙を飲んでいますがなんとか参加したいところです

================================
■時系列

LiSAと名司会:ゆまにゃん

最初にゆまさんのあいさつ
軽く挨拶後。LiSAさん登場
「ようこそ、TowerRecordインストアライブInShibuya」
(だったと思います)とのお言葉(実際は何度も言い直してましたが)

Live開始。ThousandEnemies・Shinedaysと続いていく

Shinedays終了後、「ゆまにゃん」のかけ声とともにゆまさん登場
ここからしばらくLiSAさんとゆまにゃんのトーク

■内容
・KTBの売り上げがCrowSong・LittleBraverよりも多く売れていますが、それに対してどう思われていますか?という質問に対してのLiSAさんの回答は「ユイちゃんのCDであって私のCDという実感がない。みなさんのおかげでCDは売れていますが全然実感がありません」
・KTBの中で(?)お気に入りの曲はありますか?という質問に対してLiSAさんの回答は「一番のお気に入りはLittelBraver。また伝えたいことはいっぱいあります。ユイちゃんからSSSやみんなに。私からSSSやみんなに。そんな曲を作ってくれた麻枝さんに感謝」
 そのほか、AngelBeats!のうちいりの話。そして打ち上げ(詳細はLiSAさんのBlog参照願います)の話などいろいろ話が進んできます
 ところどころで全国ツアーの話が入っていました(ゆまにゃんがチケットとれずに涙目という話もありました)
 一番の宝物の話ではいろんな意味でヤバイ(涙腺決壊)という結論に

そして、後半戦の開始
 一番の宝物・LittleBraverへと続き、終演へ
 終わりと思ったらインストアライブもアンコールへ

アンコール開始
 ゆまにゃんが観客席の後ろにいましたが見つかってしまい登場(ゆまにゃんいわく:俺も一緒にライブを堪能したい)その時に、アンコール曲のネタバレを少々・・・。
 そしてCrowSong。この曲の盛り上がり方は半端なかったです

■SetList
1.ThousandEnemies
2.ShineDays
3.一番の宝物
4.LittleBraver
・アンコール
5.CrowSong

================================
■おまけ
 このインストアライブ終了後、Twitterの知り合いでカラオケをやろちうことなので参加してました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »